So-net無料ブログ作成

盛岡☆旅日記1 [MY Pro☆遠足]

箱根より厳しいと言われた関所のあった「碇ケ関」を朝8時に出発。大館乗り換えの「花輪線」の鈍行で盛岡まで3時間15分ほど。緑の野山を駆け抜けてゆく。途中から「いわて銀河鉄道」に乗り入れ。駅の看板が可愛い。


津軽☆旅日記2 [MY Pro☆遠足]

宿は弘前から電車で20分の碇ケ関の温泉。ハモのしゃぶしゃぶなど、美味しい夕食を頂いたあと、外で祭りばやしが。 地元の子供たちの「ねぷた」が練り歩き、思いがけず夏の夜の祭りを見ることが出来ました。


津軽☆旅日記2 [MY Pro☆遠足]

弘前はちょうど「ねぷたまつり」の真っ最中。昼間、道にはスタンバイしている沢山のねぷたが。 津軽藩ねぷた村では、ねぷたの説明を聴くことができ、お囃にあわせて、太鼓を叩く体験もできるのです。血が騒ぎましたよ。、


津軽☆旅日記1 [MY Pro☆遠足]

鰺ヶ沢の海岸を散歩したあと、再び「リゾートしらかみ」にて弘前へ。海の景色ガ見えなくなると車中では津軽三味線の20分の生演奏あり。車内拍手喝采。


北東北☆旅日記☆食1 [MY Pro☆遠足]

青森の日本海側、鰺ガ沢温泉の「水軍の宿」で、幻の魚イトウのお造りを食べました。鮭に似ているけど、さっぱりした歯ごたえ。添えられた皮にコラーゲンが多そう。そのほか、フカヒレの姿煮や、うにの小鍋など、詳細は後日、報告で〜す。


北東北☆旅日記3 [MY Pro☆遠足]

世界遺産の白神山地に隣接する十二湖へ。点在する湖や池のなかで、印象的なのは「青池」。9mの水深にインクブルーの水。太陽の光を浴びて、虹鱒の姿と共に底まで水色に透き通ってみえる。なせ、こんなに青いのかは、未だ解明されていない。


北東北☆旅日記2 [MY Pro☆遠足]

「リゾートしらかみ」の大きな窓からは、車中からとは思えないオーシャンビュー。車内アナウンスも景色のガイドを兼ねていて、これで特急料金510円とはうれしいなり。


北東北☆旅日記1 [MY Pro☆遠足]

東京から「こまち」にて秋田へ。新幹線ながら盛岡からはしばらく単線運転で、のどかな風景を楽しめます。秋田からは五能線「リゾートしらかみ」で海をみながら白神山地の十二湖までゆきます。


梅づくし☆青梅に遠足 [MY Pro☆遠足]

桜の開花宣言された頃 青梅の吉野梅郷に梅を見にいってきました(JR日向和田下車)
 青梅は多摩川の上流 ここが東京?という景色

 1500本の梅のある 青梅市梅の公園 
                       遅咲きの梅を楽しめます。黄色は「さんしゅう」の木の花

 やはり梅には 青空がぴったり 「送梅」の楽しみ方

 里には個人梅園があちこちにあり オープンガーデン
                       として立ち入ることができ お茶やウドンなども楽しめます

 空気もよいし、のんびり散策するのによい場所です  

 これは「三椏」(ミツマタ)和紙の原料の花です



昼食はお蕎麦。 水のよさでここのお蕎麦も美味しいです。お店は「梅の内」(めのうち)

 「天もり」。お蕎麦もつけ汁もgood。天ぷらに梅干も。

 「鴨せいろ」。上は大盛、これは普通盛り。


JRで「青梅」にもどり 映画の看板で有名な町を散策

 「昭和レトロ商品博物館」 おもちゃ、薬、お菓子など 
 なつかしい品が沢山。2階は「雪おんな」の部屋。小泉八雲の物語のルーツは青梅にあり。

 となりに「赤塚不二夫会館」 全まんが本や原画など

 青梅のおみやげというと「へそまんじゅう」 蒸して食べるとなお美味し。


 

 


鹿児島見どころ [MY Pro☆遠足]

ー2泊3日の鹿児島の楽しみ方ですー

まずは石橋記念公園 内を流れる甲突川にかかっていた江戸時代からの
五つの石橋のうち 三つが移設
されています。(ほか2つは 洪水で流失した)

西田橋御門から見た 
                       
一番大きい西田橋(その昔、参勤交代が通った)

桜島フェリー乗り場のそばにある 鹿児島水族館いおワールド(石橋公園より徒歩15分)

 黒潮大水槽には ジンベエザメが悠々と泳いでいます

鹿児島港のウォーターフロントドルフィンポート 鹿児島の名産やら 足湯(水族館より徒歩5分)
 冬場のイルミネーション
                             ここにある「薩摩酒蔵」の焼酎の品揃えはすごい

島津藩主の別邸「仙巌園」 桜島を借景とした「磯庭園」としても有名。 
 併設の尚古集成館では日本の近代化に尽くした島津家の足跡がみられる
    
例年より早くさいた「カンヒザクラ」   と    「白梅」

鹿児島というと やはり桜島
       
夕暮れの桜島(サンロイヤルホテルより)      朝日の桜島(祇園之州より)

3日目はフェリーで桜島へわたり(15分) ふるさと観光ホテルにある 立ち寄り露天風呂に
入りました。海のすぐそば、浴衣を着用しての 「混浴」です!

 昼食をとった国民宿舎の前の桜島 荒々しい活火山

海のそばの温泉の次は 鹿児島空港より車で15分の山里にある妙見温泉。
源泉掛け流しで鉄分の多いお湯でした。立ち寄りOK
 妙見田中館は天降川沿いにある鄙びた温泉

ほかに鹿児島市内の維新ふるさと館や 
市内の名所を循環するカゴシマシティビュー(観光地周遊バス)の利用がおすすめです。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。